本文へスキップ
Tel・Fax 073-423-2215
〒640-8033 和歌山市本町2-1 フォルテワジマ3F
開館時間10:00〜19:00(最終入館は18:30)

The Legend of Sport HistoryHEADLINE

SWIMMING〜水泳編〜

前畑秀子(兵藤秀子)

 和歌山県が誇る幾多の名選手の中で日本女子水泳の草分け的存在で、日本オリンピック史上、女子金メダリスト第一号の選手である。

 前畑選手が日本を代表する名スイマーと評価されるのは、去る昭和11年8月10日、第11回ベルリンオリンピック女子200m平泳決勝で、ドイツのゲネンゲル選手と大接戦の末優勝し金メダルを獲得した。其の接戦の模様を実況放送したNHKの河西アナの「前畑ガンバレ」の熱涙溢れる名放送に当時の日本国民を感激の渦にした以来の事である。
兵藤秀子さん自身の自叙伝(1981年)「前畑ガンバレ」を中心に前畑選手の一端を探索する。

 前畑選手は大正3年(1914年)5月30日、今の橋本市古佐田に生まれる。豆腐製造業の父福太郎、母光枝の三男一女の長女として生まれた。橋本小学校に入学以来暇さえあれば家の近くの紀ノ川妻ノ浦に遊び水泳に興じた。小学校5年の時、大阪浜寺プールに於ける近畿学童水泳大会50m平泳で46秒の日本新記録を樹立、小学6年、大阪築港プールでの近畿学童水泳大会で100m平泳1.38秒の日本新記録、更に同校高等科1年、天王寺プールでの全日本学童大会で、100m平泳1.36.0(日本新)、高等科2年大阪築港プールでの水泳大会100平泳1.22.2の日本新を樹立した。

 昭和4年(1924年)15才の高等科2年、汎太平洋女子オリンピック大会(日本、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア)での200m平泳3.12.4の日本新樹立、昭和5年勧誘されて名古屋の椙山女学校3年に編入学して本格的水泳練習に入った。

 昭和7年(1932年)ロサンゼルスオリンピック大会、200m平泳3.6.4で2着(日本新)、橋本小学校同級生の小嶋一枝(城)も100m自由形5位に入賞、妙寺小学校の守岡初子(久保)選手等と共に活躍した。昭和11年(1936年)ベルリンオリンピック大会での200m平泳決勝に念願の金メダルを獲得(3.3.6)した。このレースでドイツゲネンゲル選手とのデットヒートの末、念願の金メダルを獲得した。このレースが「前畑ガンバレ」の名放送となった。

 世界一の念願を果たした前畑選手は、名古屋で医師兵藤さんと結婚し、二女と三人の孫と共に、おばあちゃん生活の中でも「雀百まで踊りを忘れず」とか、名古屋瑞穂スイミングクラブでの水泳指導者として、後輩の水泳指導に専念して、おばあちゃん指導者として話題の人となっていた。兵藤さんは、話が上手で独特の巧妙な話術に選手時代の情熱をプラスして、聞く者を魅了し説得力があった。
元気一ぱいの、オリンピックチャンピオンも(年)と病気には勝てず、平成7年2月24日80年の栄光の人生を閉じた。兵藤さんの面影を忍ぶ毎になつかしさがこみあげて来る。今尚彼女の人柄が私の心に生きている。“前畑ガンバレ!!”いつの世までも。
(紀州・和歌山水泳史誌 P199〜 池田岩夫著)


橋爪四郎

 戦後日本水泳復興の功労者は何と言っても古橋・橋爪コンビの活躍が先ず第一に挙げられる。戦後間もない後輩のドン底の日本に於いて、日米対抗水泳その他水泳競技会で次から次へと泳ぐ毎に世界新記録を樹立して日本国民に自信と誇りを与え活力とやる気を起こさせた原動力はこれであり、古橋・橋爪は当時の正に英雄であった。とは申せ橋爪選手は稍もすれば古橋選手の蔭にかくれ地味で脇役的存在であったとはいえ、やっぱりスーパースターであったことは間違いなかった。

 古橋と橋爪選手は日本大学水泳部の同期生で毎日の練習から日常生活まで、いつもパートナーであり良きライバルとして切磋琢磨する仲で技を競っていた。この切磋琢磨こそが世界記録を生み記録更新に連なった。橋爪あっての古橋であり、古橋あっての橋爪でもあった。

 古橋選手は豪快、ダイナミック、蒸気機関車の様な力強い水泳であるのに対し、橋爪選手は、スムーズで美しくスマート、典型的な6ビートオーソドックス泳法で流れる様な泳ぎであった。古橋選手の剛に対し、橋爪選手の柔と対照的な競り合いに水泳ファンを魅了した。

橋爪選手の栄光に満ちた活躍ぶりを顧みることにしよう。
橋爪選手は昭和3年9月20日現在の和歌山市吉礼957番地に生まれる。
 昭和19年 県立海草中学校(現向陽高校)入学
 昭和26年 日本大学法学部を卒業、其の間日大水泳部員として古橋選手等と共に良き多くのライバルに恵まれ練習に励んだ。

 昭和23年 全日本選手権大会(東京)で1500自由形(18.31.8)で世界新記録を樹立
 昭和24年 全米選手権(ロサンゼルス)
  1500m自 18.32.6(世界新)
  1000m自 12.14.8(世界新)
  400mリレー 4.43.9(世界新)

 昭和25年 南米遠征(サンポーロ)
  800リレー(浜口、村山、橋爪、古橋)日米対抗日本代表 8.40.6(日新)

 昭和27年 全日本選手権
  400m自 4.40.2 優勝
  1500m自 18.31.4 優勝

  15回オリンピック(ヘルシンキ)  1500自 銀メダル 18.41.4

 昭和28年 全比選手権(マニラ) 日本代表

 昭和37年 全米選手権日本代表監督(米オハイオ)

 昭和39年 18回オリンピック(メルボルン) 日本代表監督コーチ
  以後現在選手を退いたが水泳指導者として後輩の指導に専念する。

 昭和42年 渇。浜スイミングセンター代表

 昭和50年 葛エ爪スイミングスクール創立 代表取締役

 昭和51年 葛エ爪スイミングスクール港南台創立
  現在も尚港南台オーナーとして活躍中
  日本水泳連盟強化委員、神奈川県水連副会長、日本水泳連盟財務委員、日本水泳連盟顧問、
  横浜スポーツ指導振興審議会委員、横浜市教育委員

以上の勝欲を評価し絶大で数々の受賞に輝いている。
 昭和23年 朝日賞 文部大臣賞受賞
 昭和24年 朝日スポーツ賞 毎日スポーツ賞
 昭和27年 アサヒスポーツ賞
 昭和39年 日本水泳連盟厚労省
 平成2年 紫綬褒章受章
 平成4年 国際水泳連盟殿堂入り(マイアミ)
 平成9年 日本赤十字銀色色功賞受賞

 橋爪選手のすばらしい活躍に対する功労と栄光に対し敬意を表すると共に今後尚益々の活躍を祈ること切なるものがある。
(紀州・和歌山水泳史誌 P200〜 池田岩夫著)


古川 勝

 水泳和歌山に、大選手、名選手、数々ある中で、特に異才を放っている選手はおそらく古川勝選手であろう。殆ど無名の選手が高校入学以来、突然頭角を現し、あれよ、あれよと言う内に、県のチャンピオン、近畿のチャンピオンとなり全日本を制し、果ては、オリンピック金メダリスト、世界新記録保持者にまで急成長した、異才の中の天才選手である。
 古川選手は負けず嫌いで、人に物怖じせず吾が道を行く気質で戦わずして敵を圧するレース度胸と面構えはさすが大選手の風格がある。反面、極めて繊細、ち密、研究心旺盛、豪放磊落そのもの、これでこそ新泳法、潜水泳法を僅か数年にして、マスターした気塊は古川君ならではの、なせる技であろう。
 以下古川選手の選手歴、競技歴を辿る事にしよう。

古川君は昭和11年1月6日(1937年)橋本市古佐田の自転車販売業を営む、父(久芳)、母(政子)の次男として生まれる。子供の頃から遊び場は紀ノ川で川遊びの中で水泳を覚える。
 昭和24年(中学2年)水泳部に入部し、紀ノ川や前畑記念プールで本格的水泳練習を始める。
 昭和25年(中3)和歌山県選手権大会100・200平泳優勝。全国ジュニア・レクリエーション大会200平泳3位
 昭和26年(橋本高校1年)和歌山県選手権大会100・200平泳優勝・近畿高校大会 100平泳優勝 最終予選会5位
 関西選手権 100平泳優勝 200平泳優勝(2.31.0)
 全国高校大会 100平泳優勝1.17.4(日新) 200平泳優勝2.34.6(日新)
 国民体育大会 100平泳優勝(日新) 200平泳優勝

 昭和28年 (高3)
  全国高校大会 100・200平泳優勝
  国民体育大会(高知) 200平泳優勝
  日本選手権 200平泳3位

 昭和29年(大学1年)
  第2回アジア大会予選 200平泳優勝 2.35.6(日新)
  第2回アジア大会 200平泳2位 2.42.0
  ハワイ招待国際大会 100平泳 優勝 200平泳 優勝
  日本選手権 100平泳 2位 1.19.4 200平泳 優勝 2.41.4
  全日本学生大会 100平泳 2位 1.12.6 200平泳 3位 2.41.2

 昭和30年(大学2年)
  日本選手権 100平泳優勝 1.12.2 200平泳ぎ 優勝 2.36.0
  日米大会(神宮) 100平泳 優勝 1.10.50 200平泳 優勝 2.33.7(世新)
  日米大会(大阪) 400メドレーリレー 優勝 4.15.0(世新)(長谷、古川、石本、古賀)
  全日本学生大会 100平泳優勝 1.10.6 200平泳優勝 3.34.9

 昭和31年(大学3年)
  日本選手権 100平泳 優勝1.10.17 200平泳 優勝2.35.0
  全日本学生大会 100平泳 優勝1.10.7 200平泳 優勝2.33.2(世新)
  第16回メルボルンオリンピック 200平泳 優勝金メダル2.34.7(大新)

 昭和32年(大学4年)
  日本選手権 100平泳 優勝1.14.7 200平泳 優勝2.34.7
  全日本学生大会 100平泳 優勝1.13.3 200平泳 優勝2.41.0
  400メドレーリレー 優勝4.17.8(世新) (富田、古川、石本、石原)

 昭和33年
  第3回アジア大会日本選手団旗手
  第3回アジア大会(東京) 200平泳 優勝2.44.0  400メドレーリレー 優勝4.17.2(世新)
  ロサンゼルス招待国際大会
   100平泳 優勝1.14.2 200平泳 優勝2.44.3
   400メドレーリレー 優勝4.16.7(世新)(長谷、古川、石本、古賀)
  ワイキキ・ナカマ記念大会
   100平泳 優勝1.14.9 200平泳 優勝2.46.36
   400メドレーリレー 優勝4.17.2(世新)

 以上古川選手の戦跡は見事なものである。得意の潜水泳法を駆使して見事な成績を収める一躍世界の檜舞台に登場した。日本水泳界の雄、日本大学をして日本一水泳部の全盛期を確立した。その努力と活躍は大変なもので古川選手ならではとの思いを新たにする。

 然しこの見事な潜水泳法は僅か2年後FINA規約改正に伴い禁止されることとなった。まことに残念至極と言わざるを得ない。かくして古川選手のトレードマークの潜水泳法も2年の短期間でピリオドを打たざるを得なくなったのである。

 古川選手が敬愛する大先輩の前畑秀子選手とは奇しくも同郷、しかも隣組の橋本市古佐田生まれで二人は豆腐屋の長女前畑さんと自転車屋の二男坊の古川君と同じ様に紀ノ川で遊び、紀ノ川で水泳を覚え、同じく平泳ぎ選手として、共に、世界新記録保持者となりオリンピックチャンピオンの王座に着いた。実に宜なるかなと言わざるを得ない。只大先輩前畑さんより2年も早く、平成5年50才半ばの若さで此の世を先立つ運命となったとは何たる皮肉か?……いかにも早や過ぎる。栄光に輝いた彼は大学卒業以後、次の栄光を夢見て、大丸百貨店に入社今後は人生のチャンピオンを夢見て頑張っていたさなかの出来事だった。正に壮絶な人生の幕切れであった。それにしても残念でならない。大先輩前畑さん共々冥福をお祈りする次第である。残された友子夫人、遺児の前途多幸を願って筆を置くこととする。
(紀州・和歌山水泳史誌 P201〜 池田岩夫著)