少林寺拳法展 5月14日~6月16日

香川県発祥の少林寺拳法は、創始者宗道臣により、第二次世界手戦終戦(1945年)後、国の未来をつくる若者の教育は、精神教育だけでは不足であると悟り、拳技の修行を行う中で精神教育も施されていくという、心身一体の教育手段「少林寺拳法」を発案。その後、日本各地へと広まり、創始から20年経ずして、海外での普及も始まり、今では世界大会も開催されている。
少林寺拳法の魅力を紹介。