紀和大会

<準決勝>

海草中1回より緩球をよくミートして田中、中前安打し和田二匍失、楠本右中間に三塁打、宮本も中堅安打して早くも3点を先取、5回に至や宮本左翼安打野手後逸で三進したのをきっかけに川上・橋本・島・田中、猛打を振い敵失を織りまぜて4点を入れ勝負を決した。最後まで箕島商はゲームを捨てず健斗したが松村投手が17安打を浴びて施す術もなかった。

<準決勝>

海南中は長谷川を休養せしめ近藤投手を起用した。和歌山師は1回近藤投手の肩の定まらないのに乗じて1点を先取したが、その裏海南中は阿瀬の二塁打、亀井の3塁打と栗生の中飛などで力の差はどうすることもできなかった。

<決勝>

剛球無敵の長谷川投手を擁し黄金時代を誇る海南中の強味は目に余るものあり、海草中の苦戦は予想された。海南中2回二死後、走者一、三塁の時、重盗成って1点を挙げれば海草中もその裏、川上遊匍失バント二進後、増田の適時安打に同点となる。5回海南中敵失と近藤の三塁打で3点、更に6回には阿瀬・栗生相続いで見事な本塁打を放ち大勢既に決するかと見られ海草中全く手の下しょうなく呆然自失の態。後半に入り海草中二死満塁に川上一塁頭上を抜いて走者一掃してその差2点に迫ったが、8回表、海南中・阿瀬中堅安打、長谷川の右翼二塁打にまたまた1点追加した。しかしその裏、海草中1走者を置いて危機打者橋本2-0後右中間に痛烈な三塁打をたたき込み、宮本のスクイズで自らも還って2点返しその差1点と迫り満場を湧かす。
最終回裏、海草中敵失と安打で一死満塁となり皆岡粘って中堅安打して楠本を迎え、増田またよく粘って三匍すれば川上本塁封殺されたが、併殺せんとした送球を一塁手がポロリと落し松井二塁より脱兎の如くすべり込んで海草中に凱歌揚がる。長谷川投手しばしプレート上に座り込み動かず、県予選録に見るサヨナラ逆転劇に興奮、その極に達したが確かに紀和球史を飾るシーソーゲームとなった。

<紀和決勝>

両軍技倆伯仲し、紀和大会としては稀に見る大熱戦を展開した。この日海草中楠本主将、日射病に仆れ氷のうを頭にベンチに控え、遊撃手増田は膝関節炎全治せず悲壮な空気海草中ベンチに漂う。郡山中1回大橋中堅安打、平井左中間三塁打して1点先取すれば海草中3回、二死後田中四球後、和田の中堅二塁打と増田三匍失にたちまち逆転した。
4回郡山中は一死満塁、上島の左飛に同点となり満場騒然、更に野手の本塁悪役に一挙本塁を欲張ったが寸前アウト。海草中も5回一死満塁の好機を迎え左飛に生還、また1点リード8,9両回郡山中の反撃鋭くピンチに襲われたが、一つは前進守備をした島の美技に、一つは遊撃手増田よく掴んで三塁に送球走者を刺す好判断に阻み、斯くして海草中は6か年振りに宿望を達成し紀和代表となった。

全国大会

<2回戦>

試合は最初松山商奇襲策戦に出たのに反し、海草中は正面より堂々と正攻法をとり猛攻前半海草中優勢裡に進めた。即ち2回と5回好機を迎えたが何れも松山商の好守に阻まれた。即ち2回二死後、和田右翼線安打し二塁より皆岡本塁を衝いて憤死、5回二死後走者二塁の時、田中の一打一塁手をはじいて転々としあわや生還と思わせたが、中山投手の好カバーに惜しくも阻まる。8回に至るや果然波乱を呼び即ち松山商一死後、亀井安打、筒井良一失に生き伊賀上三振で二死となったが、投手の二塁牽制悪投となって亀井生還、筒井は2-1後果敢な本盗を企て成功巧みな走塁に2点挙げる。
されど海草中反撃に出てその裏走者一、三塁、一打同点の好機を迎えたが期待された4番、川上の一打も完璧の松山商守備陣を抜く能わず恨を呑んだ。しかし大豪・松山商に対して危機に陥れた斗志と気迫は見上げたもので敗れて悔いなき善戦といえよう。松山商は試合運びと走力に一段と優れていた。